葉山・鎌倉・湘南の個性的な不動産 + コーポラティブスタイル | エンジョイスタイル

集まって住もう。ENJOY Village
トップページ > ENJOY VILLAGE 提案

エンジョイワークスの提案

「葉山・鎌倉に集まって住む。」 明治以来の保養地・葉山、古都・鎌倉、 どちらも緑豊かな山と穏やかな海に囲まれ、古くから人びとの暮らしが息づく町。 そんな歴史と文化のある葉山・鎌倉で自然をめいっぱい感じる住まい方、 昔からの懐かしい風景に溶け込み、コミュニティに根付いた ゆったりとしたローカルな暮らしを実現するために エンジョイワークスはヴィレッジスタイルを提案します。

ヴィレッジの特徴 豊かな住まいは外環境づくりから

豊かな住まいは外環境づくりから

私たちが考える豊かな住まいとは、
自然の恵みや力を最大限取り入れることで実現されると考えます。
住まいづくりの多くは、自分の敷地内だけで完結した
考え方に基づいて進められてきました。
これでは自然の風や光、隣地からの視線などをうまくコントロールできません。

建物や限られた敷地内だけで自然の恵みや力を活かしていくという
考え方には限界があり非効率です。
私たちの提案するヴィレッジでは戸建て住宅群を計画的に配置し
オープンスペースを生み出します。
計画地や周囲の眺望、日当たり、風の流れなどの自然条件をいかして、
参加する全住戸がより多くの自然を取り込むことのできるよう
Win-Winの土地の区割り、建物の配棟を計画し、
環境共生型の住まいづくり、まちづくりの実現を目指しています。

ヴィレッジの特徴 借景はつくれる

借景はつくれる

私たちの提案するヴィレッジは、
各住戸間の間隔を広めに取るとともに、敷地の境界をオープンにします。
限られた敷地の中に立つ住戸では窓外の景色が隣家の窓で、
ずっとカーテンが閉めっぱなしということがよくありますが、
これではせっかくの風や光や景色を生活に取り入れる窓の機能が台無しです。
お隣の住戸との窓の関係性をお互いに調整し、
また、樹木をお互いに数本植えることで、プライバシーが確保され、
窓を開け放つことが可能になり、室内には柔らかな木漏れ日と涼風が入り
居住環境が飛躍的に向上します。
そして、お隣の敷地の樹木や庭は借景として取り込まれ、
より豊かな景色を作り出してくれます。

ヴィレッジの特徴 自分たちの家づくりは自由です

ヴィレッジの特徴

ヴィレッジにおいても自分たちの家づくりは自由です。
丈夫な素材とシンプルな外形の躯体は建物を長持ちさせるとともに、
ライフスタイルや家族構成の変化に合わせた内装の変更も容易にします。
家の中というプライベートゾーンにおいては、他の参加者の意向とは関係なく、
自分たちの好み、感性を目一杯反映させた空間づくりができます。

ヴィレッジの特徴 エアコンのいらない夏

ヴィレッジの特徴

ヴィレッジは、緑豊かな街並みを作り出します。
実は、緑の樹木の周りでは、蒸散活動によって発生する上昇気流と、
それに伴う冷気の下降気流による二つの風の流れが発生しています。
また樹木の葉は夏の日差しを遮ってくれる天然のスダレの役割を果たし、
建物に対する日射負荷を軽減してくれます。
このように樹木を自然の空調装置として有効に活用すれば
夏期のエアコン使用頻度は相当軽減され
光熱費の低減や体に優しい住環境が実現されます。

ヴィレッジの特徴 コミュニティにとけこむ

コミュニティにとけこむ

ヴィレッジでは、塀や壁のないオープンな境界や共同利用部といった
セミパブリックゾーンを設けることにより、
お隣、ご近所との適度な距離感のコミュニケーションが生まれます。
さらにヴィレッジと近隣との境界にも大掛かりな塀や壁を作らないため、
例えば家の前のこみちと緩やかなつながりを感じられることで
通り行くひとと気軽に会話をかわすことができるなど、
ご近所、ひいては町とのかかわりを意識する機会となります。

ヴィレッジの特徴 美しい街並みが建物の資産価値を上げる

美しい街並みが建物の資産価値を上げる

ヴィレッジは美しいランドスケープを持った緑の集落として
地域の街並みの景観向上にも寄与します。
美しい街並みづくりは心理的・視覚的効果だけでなく、
建物や土地の資産価値も向上させていきます。
欧米では、建物単体だけではなく住宅地全体で美しい景観をつくり、
住民たちで維持しながら資産価値を高めていく仕組みは広く普及しています。
日本でもこのような意識が高まっていくことを私たちは願っています。

NEXT
フェイスブック
PageTop