葉山・鎌倉・湘南の個性的な不動産 + コーポラティブスタイル | エンジョイスタイル

集まって住もう。ENJOY Village
トップページ > ENJOY VILLAGE 仕組み

「土地共同購入型ヴィレッジ」の仕組み

コーポラティブ方式で

コーポラティブ方式で プロジェクトの流れとコーディネート業務内容

居住する者が組合を結成し、共同して事業計画を定め、
土地取得・建物設計・工事発注・その他事業を行い、住宅を取得し、
管理していく方式のことです。

分譲業者が間に入らずに、土地を買い、そこに住む人たちが一緒に集まって、
はじめから家づくりのプロセスを進めていくことになります。
とはいえ、手間と時間のかかるプロセスになるため、
エンジョイワークスがコーディネーターとしてお手伝いさせていただきます。

建築マスタープラン

建築マスタープラン

住戸一軒一軒の居住環境をできるだけ良くするための
ヴィレッジ全体の建物や緑化の配置に関するルール決めがマスタープランです。
ヴィレッジ全体のまとまりのある景観や緑豊かな外構空間を実現するために
建物の高さや平面形状、外壁の色や素材に関してはマスタープランに従っていただき、
ある程度の建築制限を受けていただくことになります。
もちろん各住戸室内の間取りや仕上げ材料に関しては、みなさんのライフスタイルに
応じたフリープランで自由にプランニングしていただけます。

価格メリット

価格メリット

「直売方式」
分譲会社が間に入らず土地の所有者から直接購入することにより、
土地購入までの手続きがシンプルになり
以下のコスト削減メリットがあります。

・分譲会社が土地の買取・販売を行うことにより、
 登録免許税、不動産取得税等が二重にかかってしまうコスト
・分譲会社が販売にかけるコスト
・分譲会社の利益

【土地共同購入】 他の条件が同じであれば、面積が大きいほど土地の価格は高くなりますが、購入できる層が限られるのでなかなか売れません。
その為、面積に比例して価格が高くなるわけではなく、
1坪当たりの単価は逆に面積が大きいほど低くなるのが一般的です。
広い土地を低い単価で共同購入し各自に分割することで、
より低い単価での土地購入が可能になります。
また、土地の選択肢も広がります。

【建物共同発注】 各住戸は構造や意匠、設備の一部に関して共通仕様を採用し、
また同時期に発注施工されます。
その為、建築工事の効率化や資材の共同発注のスケールメリットによって
建築工事費の低減が可能になります。

BACK
NEXT
フェイスブック
PageTop