葉山・鎌倉・湘南の個性的な不動産 + 不動産プロデュース | 進行中プロジェクト | 米軍FLAT HOUSE RENOVATION/葉山A邸

葉山・鎌倉・湘南の個性的な不動産 + コーポラティブスタイル | エンジョイスタイル

トップページ > プロジェクト一覧 >進行中プロジェクト

進行中プロジェクト

第15回 【最終回】葉山暮らしなら「土間」マスト!

2014/08/12 Tue

外と室内の境界となる玄関スペースは意外とモノがあふれやすい場所。
しかも、海が近い、山が近い葉山暮らしとなれば、遊び道具だってたくさん!

葉山暮らしなら「土間」マスト!1

ということで、A邸の土間はめちゃくちゃ広いっす。
靴だけじゃなくて、自転車、サーフボード、キャンプ道具、BBQ道具、
ガーデニング道具etcなんでもザクザク、ラフに置けちゃいます。
汚れても水で流せばいいだけなので、メンテナンスが圧倒的に楽っていうのも魅力。

葉山暮らしなら「土間」マスト!2

土間には「ちょいかけハンガー」がついているので、
冬場のコートはもちろん、すぐにクロゼットにしまいたくない上着や帽子も
ちょいっと引っ掛けられておけるわけです。便利。

葉山暮らしなら「土間」マスト!3 葉山暮らしなら「土間」マスト!4
Pagetop

第14回 正しい黒の使い方

2014/08/11 Mon

今回はキッチンとおトイレをご紹介します。
まずはキッチン。すごくシンプルな黒のシステムキッチンを採用。
造作棚の木とブラックの相性バッチリ!
ここでもやっぱり「マリンランプ」がいい味出してる!
マリンランプって、フォルムそのものも素敵だけど、
光が描く十字の影がめちゃくちゃ可愛い。

正しい黒の使い方1

余談ですが、ライトをLEDにすれば虫は寄ってきません。
虫って、光が出してる紫外線によってきてるので、
紫外線を出さないLEDには興味ないんです。

キッチンとLDをつなぐ小窓にも注目。
ちょっとしたつながり感があるだけでだいぶ印象が違います。

正しい黒の使い方2

キッチンと向かい合って作成された食器棚の「つまみ」がすごく可愛かったので接写。笑

正しい黒の使い方3

次はトイレ。グリーンのペンキがニクい!
細いアイアンのタオルハンガー、か、かわいい!
ここでも黒がスパイス的に空間の雰囲気を締めてます。

正しい黒の使い方4

木をふんだんに使いつつも、スタイリッシュでオシャレな空間に
仕上げる為のセオリーは“黒の使い方”にあり。

Pagetop

第13回 俺のバスルーム

2014/08/07 Thu

前回、磨りガラスが開放感をアップさせてるお話をさせて頂きましたが、
もうひとつ、A邸の開放感のヒミツを発見しました。

俺のバスルーム1

お気づきの方、さすが。そうです。扉の背が高い。
平屋で天井を抜いているのでわかりにくいかもしれませんが、高いんです。
しかも引き戸でスッキリとした形だから、余計かっこいい。

俺のバスルーム2

さて、洗面台へ。マリンランプと正方形の鏡と
タイル使いと木とアイアンのタオル掛けのバランスが絶妙。

俺のバスルーム3

ちなみに、床には麻を敷いてます。
ナチュラルで温もりのあるテクスチュアがたまりません。

俺のバスルーム4

バスルームにもタイルを。注目すべきはシャワーヘッド。
アメリカの映画に出てきそうなサイズ感。葉山暮らしにぴったり!
シンプルのお手本みたいな空間。勉強になります。

俺のバスルーム5
Pagetop

第12回 磨りガラスって、とっても素敵!

2014/08/04 Mon

A邸の居室は2つ。ひとつはリビングダイニング横のお部屋。
扉はなく、磨りガラスでなんとなく仕切っている素敵な空間。
磨りガラス、めちゃくちゃ可愛いです。ランプもA氏のセンスが光ってます。

1

磨りガラスと言えば、玄関と土間を仕切る壁にも磨りガラス。
もともとお部屋も広いけど、より広々とした印象を受けるのは磨りガラスをうまく使っているから。

2

光を通しながら、室内の様子が見えないこと。様子はわからないが、シルエットはわかる。
っていうのがいいですよね!プライバシーを保ちながら開放的な空間を作る。磨りガラス、やるなぁ!

3

さて、寝室もA氏こだわりの設計。壁は一面だけブルーで、TVの後ろはウォークスルークロゼットに。

4

大容量のクロゼット、壁が稼動棚になっているのでカスタマイズも可能。お手本になりそうな収納、見事です。

5
Pagetop

第11回 ついに完成!素敵すぎるリビング

2014/07/02 Wed

天井を抜いて梁だけ残し、天井を高くとりました。断熱もバッチリ!

ついに完成!素敵すぎるリビング1

電気をつけなくても、十分、自然光だけで明るいリビング。

ついに完成!素敵すぎるリビング2

こだわりはこの窓!外側に全て引き込むので開放感バツグン!

ついに完成!素敵すぎるリビング3

緑が気持ちいい!庭が広いって、贅沢〜!

ついに完成!素敵すぎるリビング4
Pagetop

第10回 外観完成!外シャワーも付きました!

2014/06/27 Fri

ついに、外側完成!

外観完成!外シャワーも付きました1

マリンランプ、外にも付いてます!

外観完成!外シャワーも付きました2


外観完成!外シャワーも付きました3

ワイズホーム特注の外シャワーも!

外観完成!外シャワーも付きました4

来週はいよいよオープンハウスです!

外観完成!外シャワーも付きました5
Pagetop

第9回 外壁の塗装がスタート!内装も着々と!

2014/06/15 Sun

A邸、外壁の塗装がはじまりました!白のペンキ、似合うな〜!

外壁の塗装がスタート!内装も着々と!1


外壁の塗装がスタート!内装も着々と!2

中をのぞくと、あ!リビングの壁にフローリング材を貼ってる!

外壁の塗装がスタート!内装も着々と!3

わ!リビングとキッチンにマリンランプが付いてる!
葉山の平屋に合う。これがないとはじまらないアイテム!

外壁の塗装がスタート!内装も着々と!4

いよいよ完成に近づいてきました!

外壁の塗装がスタート!内装も着々と!5
Pagetop

第8回 FLAT HOUSEの外壁は木貼り!

2014/06/06 Fri

外壁ジャジャーン!これから白くペイントされます。出来上がりがすごく楽しみ!

FLAT HOUSEの外壁は木貼り1

中は、間仕切りも入り造作家具など、インフィルの制作がはじまりました。
ものすごい雨の中、大工さんお疲れさまです!

FLAT HOUSEの外壁は木貼り2

こちらは玄関横の棚。集成材と外壁の木の香りがたまらない。

FLAT HOUSEの外壁は木貼り3

こちらが玄関!左のくぼみは何になるんでしょう?

FLAT HOUSEの外壁は木貼り4

緑の中に佇むA邸。マッチしてます。

FLAT HOUSEの外壁は木貼り5
Pagetop

第7回 木の外壁、幅広がカッコイイ〜!

2014/05/29 Thu

屋根の断熱も完了し(もっこもこで、寒い冬もあたたかそう!)、外壁が貼られはじめました。

木の外壁、幅広がカッコイイ〜!1

まるで足場板みたいに厚みがある木の外壁。幅広がカッコイイ〜!

木の外壁、幅広がカッコイイ〜!2

キッチンやインテリア、外観完成イメージをA氏からお伺いしましたが、
めっちゃくちゃカッコイイです。でも、まだ詳細はナイショ。

木の外壁、幅広がカッコイイ〜!3

暑い日が続きますが、大工さん、がんばってます!

木の外壁、幅広がカッコイイ〜!4


木の外壁、幅広がカッコイイ〜!5
Pagetop

第6回 壁断熱、入りました!

2014/05/11 Sun

米軍FLATHOUSEの一色A邸、一部サッシと断熱が入りました。

壁断熱、入りました!1

明るーい!窓のカタチも数も素敵。

壁断熱、入りました!2

にしても、サッシが大きい!しかも、明けたら窓枠が見えなくなるタイプ。
開放感ある!!!

壁断熱、入りました!3

屋根下の破風(はふ)の部分に新しい金属板を張って、防水補強も。
ネイビーがナイス!これから貼られる白い木の外壁にピッタリ!

壁断熱、入りました!4

小窓も可愛い。くるたびに開放感が増すA邸。完成は夏です!

壁断熱、入りました!5
Pagetop

第5回 GW前の様子!

2014/04/24 Thu

土台が出来上がり、耐力面材がはられました。

GW前の様子1


こちらが中の様子。新旧柱と梁のコラボレーションがたまりません。

GW前の様子2


サッシがきたら開口部をつくるので、合板の切り抜きは後ほど。

GW前の様子3


次の工程は、大事な大事な断熱工事。

GW前の様子4


どんどん出来上がっていくA邸から目が離せません!

GW前の様子5
Pagetop

第4回 絶賛補強工事中!

2014/04/08 Tue

スケルトン状態になったA邸の柱と梁の補強工事がスタート!

絶賛補強工事中1


絶賛補強工事中2


絶賛補強工事中3


絶賛補強工事中4


絶賛補強工事中5
Pagetop

第3回 A邸、見事なスケルトン状態になりました!

2014/03/24 Mon
A邸、見事なスケルトン状態になりました1

見事なスケルトンです。

A邸、見事なスケルトン状態になりました2

見てください。このきらめく緑の眺め。

A邸、見事なスケルトン状態になりました3

全部の窓(開口部)から、溢れ出てます。緑。

A邸、見事なスケルトン状態になりました4

フルリノベーションって、本当にすごいですから
このBEFOREを忘れないでくださいね!

A邸、見事なスケルトン状態になりました5
Pagetop

第2回 A邸の解体がはじまりました!

2014/03/08 Sat

「解体してるよ〜!」という一報を頂き、現場へ。

A邸の解体がはじまりました1

おおお〜!木!木!木!
きもちいいくらいスッキリしております。

A邸の解体がはじまりました2

「いい柱だ!しっかりしてるよ!」と職人さんから嬉しいひと言。

A邸の解体がはじまりました3

それにしても、家の中からの庭ビュー、最高。
緑がキラキラ!

A邸の解体がはじまりました4

いよいよ動き出したA邸。
米軍FLAT HOUSEがどう変身するのかお楽しみに!

A邸の解体がはじまりました5
Pagetop

第1回 米軍FLAT HOUSEをフルリノベーション!

2014/02/01 Sat

葉山町一色にあるA邸のフルリノベーションがはじまりました。
葉山公園までも歩いて10分ちょっとでありながら、ローゼンなんかもほど近い場所。

本物件のまわりには可愛い平屋が多く、緑も溢れてて、雰囲気がすごくいいんです。

米軍FLAT HOUSEをフルリノベーション1

1969年築のこの平屋、もともとは米軍HOUSEとして建てられた家。
延べ床面積は約25坪(85.29m²)で、平屋としては十分の広さ。

しかも、敷地面積は約120坪(396.74m²)で
家の4倍くらいのお庭があるわけです。

そう、超贅沢!というか、すごくいじりがいがあるっていうか、
面白いワクワクの物件なワケです。

米軍FLAT HOUSEをフルリノベーション2

A氏といっしょに内見に行った時は、
正直、庭の草木はボーボーでしたし
お部屋もだいぶ古かったので

「え?フルリノベーションしたら、ほんとにカッコよくなる?素敵になる?」
「柱とか大丈夫?本当にいける?」

とドキドキしてしまう感じでした。

米軍FLAT HOUSEをフルリノベーション3

ですが、内見その日にもう一度、工務店のワイズホームさんといっしょに再訪し
物件を要チェックして頂き、傾きもなく、素材としてはポテンシャルのある物件!
と背中を押してもらいました。

その後もしっかりと調査を行い、A氏は本物件を購入。

米軍FLAT HOUSEをフルリノベーション4

弊社のオフィスでも「間仕切りはとっちゃって、広いリビングにして庭はハンモックつけようよ!」など
A氏の家なのに、自分たちの夢のようにA氏とリノベーションについて熱く語る時間がすごく楽しく。

3月には解体がスタートしますので、
現場の様子をちょこちょこリポートします!お楽しみに!

Pagetop
フェイスブック
PageTop