葉山・鎌倉・湘南の個性的な不動産 + 不動産プロデュース | 進行中プロジェクト | 由比ガ浜ヴィレッジ
トップページ > BLOG > 由比ガ浜ヴィレッジ

BLOG「由比ガ浜ヴィレッジ」

第1回 鎌倉海近ヴィレッジプロジェクトが動き出します!

2019/11/15 Fri

水着の上からさらっとTシャツを羽織って海まで歩いて行き、ひとしきり遊んでそのまま帰ってきて家でシャワー。
空の澄んだ日には、ふらっとサンセットを見にまた浜辺へ。
観光で来ていた鎌倉が、とても身近になる。
そう、このヴィレッジは由比ガ浜ビーチまで徒歩4分の場所にあるんです。

ヴィレッジは、私たちエンジョイワークスが提案している、コミュニティに根付いたゆったりとしたローカルな暮らしを実現する住まい方です。
大きな敷地を分割して売買する。この点は他の不動産屋さんと同じですが、この敷地の割り方、建てる建物、配棟、外構計画など、その敷地を小さな街としてエンジョイワークスが設計し、マスタープランを描いています。そこには境界の塀はなく、植栽が緩やかにお互いの家の視線を緩和し、そして窓からの借景を生み出します。
ヴィレッジは今まで10プロジェクトが完成しています。

この建物、スケルトンハウスって言います。
このスケルトンハウスは違う回でじっくりと語ります。

グーグルマップのように、平面上で上から見渡すと住宅というのはほんとに小さい。街というのはそんな小さな住宅の集合体です。
まちづくりは、そんな小さな集合体にいる人々が作り上げる住まい方だと思います。
ヴィレッジもとても小さな存在だけど、人の目線で見れば緑が広がり、木の家が景色に溶け込み、公園のような安心感がある。住んでいる人々が程よい距離感で生活している。
そんなヴィレッジがまちに広がっていくと、それはまちづくりにつながっていくと思います。

そんなこんなの由比ガ浜ヴィレッジは現在既存の建物の解体中。
3区画中2区画はまだ販売中です。
ぜひお問い合わせください☆

Pagetop

第2回 どういうヴィレッジにするか会議

2019/11/30 Sat

ヴィレッジの進め方は、まずみんなで敷地を見ることから始めます。
頭をフル回転させて、無いものをイメージするのって本当に難しい・・。

でも、楽しい。

車通りはどうか、駐車場はどの位置がよいか、どんな人が住んでくれるのだろうか・・・と、いろんな方面から考えて、この由比ガ浜ヴィレッジをどういうヴィレッジにするか、敷地を見た後は妄想MTG(ブレスト)をします。

解体前の建物から見る景色は、新しく作る建物の景色の参考にもなります。
ここからの窓は思ったよりも景色が抜けるね、とか。
ここに窓有ったらもっとよいかもね、とか。

古家付き土地を購入して建て替えるときには、古家の中に入って新居を妄想することをお勧めします。

解体前の建物に入ると、お宝も発見したりする。
お宝はあくまで、設計士のマニアックなお宝。
例えば、木の取手、とか。
ドアノブとか、直付けの照明、とか。
建て主さんや設計士さんのこだわりや、大工さんのこだわりが発見できて、
私たち設計部のメンバーは、ワクワクしたりするのです。

ヴィレッジは、配棟や全体の外構計画・窓の優先権などマスタープランを、エンジョイワークスのメンバーで考えて決めています。
なぜなら、そこがヴィレッジで一番大切なところだから。

様々な視点から、どのようなヴィレッジがここにふさわしいのか、妄想してブレストして、キャラクターを作り上げているのです。
現在、着々とブラッシュアップを進めています。

Pagetop

葉山・鎌倉・湘南の個性的な不動産 ENJOY STYLE

PageTop